レジャー

ウッディパル余呉のアクセスや予約方法、キャンプやオススメ日帰りガイド

滋賀県には自然も多く、キャンプ場も沢山ありますが、中でも連休などには予約がすぐ埋まる人気のキャンプ場「ウッディパル余呉」は、山に囲まれた静かな自然を満喫できるキャンプ場です。では、気になるアクセス方法からおすすめプランなどご紹介いたします。

ウッディパル余呉キャンプ場のアクセス、予約方法

ウッディパル余呉は、滋賀県の北東に位置している、滋賀県の中でも雪の多い地域にあるキャンプ場です。近くには赤子山スキー場や子供が遊べる施設も沢山あり、家族から小学生の団体でも人気のスポットです。他府県からも来場者は多いかと思いますので、アクセス方法とキャンプ場の予約方法を見てみましょう。

北部の山間部にあるということで、やはり車でのアクセスが便利です。名古屋・京阪神方面からお越しの場合は、名神から米原JCTを経由し、北陸自動車道「木之本IC」を降りて車で約15分です。湖西方面からは国道161号線を北上し、塩津口を経由して同じように「木之本IC」前を通過してから15分ほどです。

私は湖西方面在住ですが、下道だと2時間半ほどかかっていたかもしれません。琵琶湖が真ん中にあるので、なかなか反対側に行くのには時間がかかりますが、ドライブも兼ねて時間がある方は、琵琶湖の西側を通るか、東側を通るかもプランを考える時に是非選んでみてくださいね!

ちなみにJR北陸線「余呉駅」が最寄り駅となっていて、余呉バス管並洞寿院行きで20分
距離です。余呉駅までは京都駅からは長浜駅経由で80分(乗り換えは含まない)、名古屋駅からは米原駅経由で95分(乗り換えは含まない)ほどかかりますが、ゆっくり電車旅も楽しいですよ。

予約に関しては、HPにアクセスし、コテージや団体向けの森林文化交流センターへの宿泊に関しては、好きな宿泊プランや日帰りプランを選んで、ネット予約ができるようになっています。BBQセット付き、夕食セット付きのプランもあり、電車でお越しの方でも少ない荷物で過ごすことも可能です!

希望の日時、人数、プランなどを選んでから、空いていれば予約画面に進みます。キャンセル、変更などもネットでできるので便利ですが、コテージの他、もちろんオートキャンプ場かるので、そちらに関しては直接電話で問い合わせしての予約になります。詳しくはHPにわかりやすく紹介していますので、確認して予約してくださいね。

ウッディパル余呉キャンプ場HP http://woodypal.jp/

フリーサイトは自由に使える!気軽にソロキャンプ

ウッディパル余呉のキャンプ場で有名なのは、コテージや小学生などの団体で宿泊する施設や、冬にはスキー場として使われている場所でもありますが、実はそのスキー場が夏にはフリーサイトスペースとなり、予約がなくてもテントを貼って宿泊することができます。

もちろん、人がいっぱいという時もあるかと思いますが、駐車場も40台ほどあり、敷地内に乗り入れも可能なので、湖岸沿いだと車がいっぱいだったり、バーベキューはできないという場所もありますが、そんな時にも安心して利用できるかと思います。車やバイクなどの乗り入れは500円、サイト利用料は一人500円で、トイレと簡易炊事場の利用ができます。

チェックイン  13:00~17:30
チェックアウト  12:00まで ※デイキャンプをプラスすれば17:00まで延長可能
・レンタルなどはないので、食器や調理器具など各自持参
・直火は厳禁なのでバーベキューコンロを利用
・花火は駐車場の空きがあればアスファルトの上のみ、手持ちならOK

『びわいち=琵琶湖一周すること』に挑戦中でソロキャンプをされたい方も、当日受付でOKなので、気軽に宿泊できます。また、フリーサイトはデイキャンプ(9:00~17:00の利用)も300円!少し休憩したい時にも利用でき、区画がない為一人当たりの利用料金で宿泊、休憩ができるのがメリットです。ただ、平日は利用者がすくない為、一度お問い合わせしてからという事なので、結局予約のような電話が必要という事もご承知くださいね。

総合案内所までいけば売店や様式トイレもあるので、琵琶湖岸で何もない所よりは安心&便利なのではないでしょうか。小さなお子様連れの方も、近くにアスレチックやブランコもあるのでオススメです。夜は電灯がなく真っ暗になるので、ランタンや焚き火台は必須ですが、ソロでも大勢でも利用できてオススメのフリーサイトです!

森の中にはアスレチックも!体をいっぱい動かそう!

フリーサイトからもコテージからも行ける森の奥には、実は大きなアスレチックがあります!その名も「賤ヶ岳バトルアスレチック」です。小学生以上は一人500円、幼児は無料で保護者付き添いでの利用ができますが、その際は保護者の方も500円必要です。

近くにあるレストハウス内にレジャー受付があるので、そこで参加証である腕章をつけていざアスレチックに挑戦です!アスレチックの中央には余呉湖をイメージしたミニ余呉湖が...うっかりしていると、アスレチック参加中に落ちちゃう事もある!と、普通に紹介されています(笑)

その通り、我が子もはしゃぎすぎて(というより、そこに水があるから...)はまっていました。夏場は水に濡れること前提でタオルが必要ですね。家族連れなら必須アイテムかとは思いますが、着替えも一緒に用意しておきましょう!

かなりボリュームがあって広いコースなので、お子様なら一日中遊べます!私たちは家族みんなで挑戦...でも実は運動が苦手で途中で飽きるかなとも思いましたが、朝9:30から開いていたので、チェックインまで遊ぶことにしてちょうどお昼までで疲れたー!という感じでした。

お弁当持ちで行って、午前中はアスレチック、13:00からテント設置!という流れは、子供も全く退屈せず良かったです。ただ、テント設置はすでに疲れていましたが...子供のため!と親たちは頑張りましょう!もちろん、ある程度設置完了してから、みんなでアスレチックもいいですね。

オススメ!コテージでほっこり鍋プランと日帰りBBQプラン紹介

もう一つのオススメが、コテージでちょっと優雅なキャンプです。冬場にテントでのキャンプは、初心者だと死にそうに寒い思いをするので(実際に春夏用の寝袋のみで11月に挑んでしまいました...)、昼間には外でバーベキューをして、夜は暖房の効いた暖かいコテージで、自然を満喫するのはいかがでしょうか?

ウッディパル余呉のコテージは、6名用と12名用のログハウスが森の中に作られていて、気分は別荘で過ごしているようです。周りにはハイジのような高い木の枝に設置された長いブランコがあったり、冬は落ち葉がカサカサとなり、散歩するだけでも自然を満喫でき、天気が良ければ上を見上げれば満点の星空を楽しめます!

そんなコテージ宿泊プランに、冬季限定のほっこり鍋プランというものがあり、ぼたん鍋やすき焼き、ちゃんこ鍋、そして余呉らしいお鍋料理というプランもありオススメです!実は我が家は冬でも外でバーベキューをする挑戦者でしたので、持参した食材を焼きながら外のウッドテーブルでいただいたのですが...絶対にお鍋プランがオススメです!!

食材などお鍋の準備は全てしていただけて、コテージ内でゆっくりいただくことができます。3名以上からの利用が可能なので、カップルさんの利用ができないのは残念ですが、ホームパーティーのようにも使えて、ちょっと豪華なキャンプだと思えばお得だと思います。

お値段もリーズナブルで3200円~近江牛のお鍋はちょっとお高いですが5800円でいただけます。大人数の場合は、違うお部屋になるようなので、要チェックです。コテージ内はとても暖かくていい雰囲気なので、せっかくならコテージでお鍋がいいですよね。

ちなみに、コテージにはユニットバスやトイレ、キッチン、冷蔵庫もあり、ベッドも二段の木造ベッドで、子供たちにはかなり好評でした!!登ったり降りたりするだけで遊べてしまいます。夜遅くまでのんびりするのも、コテージのいい所ですね。

また、コテージの鍋プランは冬季限定ですが、夏には日帰りのBBQプランも色々とあるようです。4~10名の少人数用と20名くらいでも可能な大人数用のプランがあり、食材もセットになっていたり、備品も貸し出しがあるので手ぶらでBBQも可能です。

お鍋と同様に、近江牛の豪華セット5800円や、ウインナーやおにぎりがついたキッズコース2500円もあります。BBQ炉の利用料が別に3300円かかりますが、それぞれのプランに合わせて組み合わせできるのがいいですね!

紹介したのは一部のプランで、コテージのデイユースプランなどもあり、季節によって利用の仕方も色々なプランがあるので、ご利用の際はHPを見ながらご予約、お問い合わせください。

ウッディパル余呉キャンプ場HP http://woodypal.jp/

こどもミュージアムってどんな所?入館料は?

アスレチックの手前にある、「子どもミュージアム」は、レジャー受付のある建物内にありはす。色々なハンズ・オン(触って体験する)のおもちゃを集めた学べるおもちゃがたくさん置いてあるので、小さなお子様もゆっくり遊べます。

綺麗にまんまるになった木の玉いっぱいの「木の玉プール」の中に埋もれて遊んだり、LaQや積み木で遊べるので、どちらかというと小学生以下のお子様向けかなと思います。

毎月第二土曜日にはワークショップも開催されていて、こどもミュージアムにあるおもちゃの遊び方を極めているボランティアスタッフさんたちが来てくれる日で、いつもより面白い遊び方を教えてもらえるようです。工作教室があったり、その日その日で違うようなので、うまくタイミングが合えばイベントの日もあるので、何か面白いことに出会えるかもしれませんね!

入場料は小学生以下は350円、大人は500円、親子セット券は800円です。雨でアスレチックができない日などは、屋内のこどもミュージアムに立ち寄るのもいいですね。

ウッディパル余呉のアクセスや予約方法、キャンプやオススメ日帰りガイド まとめ

自然いっぱいのウッディパル余呉は、キャンプも遊びも美味しいものもいっぱい満喫できます。すぐ近くには余呉湖や琵琶湖もあり、本当に景色も素敵な所です。大きな遊園地などで遊ぶのも楽しいですが、自然を感じながら野外活動を楽しむ休日もとても楽しいですよ!是非滋賀県で遊ぶ場所をお探しの方はチェックしてみてくださいね。

-レジャー

© 2021 タマミヤゲ