レジャー 甲信越・北陸 長野

パワースポット戸隠神社の歴史やアクセス、奥社やご利益お守り解説

長野市の山あいにある戸隠神社。市街地からバスや車でわずか約1時間、山道を走ると霊山・戸隠山のふもとにある戸隠神社にたどり着きます。戸隠山は古くから信仰の対象となり、五つの神社からなる戸隠神社は、1000年を超える歴史を刻みます。その魅力や御利益、楽しみ方、さらにグルメ情報もちょこっとご紹介します。

奥社、中社など五つの社から成る戸隠神社

戸隠神社は奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五つの社から成っています。それぞれの社は一箇所に固まっている訳ではなく、戸隠山の麓に点在しています。例えば奥社から中社までは約2.3キロメートルの距離があります。

標高約1300メートルに位置し、冬期は多くの雪が降ります。近くには戸隠スキー場もあります。

 

戸隠神社の2000年に及ぶ歴史

戸隠神社の創建は約2000年前にさかのぼるとされています。戸隠神社の背後にそびえ立つ霊山・戸隠山は、その起こりが神世の昔々、「天の岩戸」が飛来して現在の姿になったといわれています。そこで戸隠神社の祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。

戸隠の名が歴史的な文献に最初に登場するのは平安時代です。平安初期には戸隠が山岳密教の霊山として注目され、平安時代末は修験道の道場として、都にも知られた霊場でした。自然が厳しく農耕さえままならないこの地に人が集まってきたのは、ひとえに戸隠山への信仰ゆえだったのです。寺ができ、宿坊ができ、やがて集落となって、和歌にも詠まれる名所となっていきました。

 

戸隠神社の場所、アクセスは?長野市街地から車やバスで約1時間

戸隠神社の住所は長野市ですが、市街地から山道を登った先にたどり着きます。近くに電車は走っていません。

最寄り駅はJR長野駅で、駅から車で約1時間走ると到着します。「浅川ループライン」という鉄橋を通るルートと、「七曲がり」という道を通るルートがあります。七曲がりを通る場合は急なカーブが続くので、浅川ループラインを通るルートの方が運転に不安のある方は楽かもしれません。

また、車で行く場合、「信濃町インター」から降りる手段もあります。信濃町インターから戸隠神社までは約30分。信濃町インター自体がある程度、標高の高い場所にあるので、市街地から登るよりは急な上り坂やカーブは少ないかもしれません。

駐車場は奥社に無料で約200台、中社で約100台分、宝光社に約20台分あります。繁忙期の夏期は神社に参拝に来る人以外に、周辺をトレッキングする人らも戸隠神社の駐車場に車を停めることがあり、奥社、中社でも満車に近くなることもあります。宝光社の駐車場は少ないため、繁忙期は満車になることもあるのでご注意を。

バスで行く場合、JR長野駅前の7番乗り場から「ループ橋経由戸隠高原行き」に乗れば宝光社、中社、奥社前にバス停があります。所要時間は1時間程度。タクシーも駅前で拾うことができます。

ただ、戸隠神社は五つの社があるため、全てを回ろうとすれば徒歩では時間がかかります。例えば、一番人出が多いのは奥社。そこから中社までは車であれば5分程度で着きますが、徒歩だと30分程度かかります。林木に囲まれた戸隠を歩きたい方であれば、徒歩もいいかもしれませんね。

 

御利益多数の戸隠神社、お守りも豊富

戸隠神社の奥社は開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳があり、中社には学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に御神徳があり、樹齢800年を超える杉の大木があります。宝光社は、中社で祀られている神様の御子神様で、開拓・学問技芸・裁縫の神、安産の神、女性や子供の守り神として御神徳があります。

授与品も充実しており、安産、健康のお守りや運気・金運向上、厄除け、交通安全に学業のお守りも販売されています。

 

パワースポットとして知られる戸隠神社の見どころ、スピリチュアル効果も

戸隠神社は、信仰の対象として古き良き歴史があります。その歴史を感じられるのが、なんと言っても本社の奥社で約500メートル続く杉並木でしょう。樹齢400年を超える杉の大木が参道の脇に並び、その光景は壮観です。参道杉並木を含む奥社は長野県の史跡・天然記念物に指定されています。

奥社の背後には標高1904メートルの戸隠山がそびえ立ち、青光りする岩肌も荘厳な雰囲気を際立たせます。大自然に囲まれた環境から空気は澄み渡り、パワースポットとして、癒やしやスピリチュアル効果を期待して多くの参拝者が訪れます。ちなみに、奥社までは杉並木の参道を約2キロ歩くため、参拝する場合はスニーカーなど歩きやすい靴を履いていった方がいいかもしれません。

 

標高1300メートル付近に位置する戸隠神社、宿泊はどうすれば?

多くのホテルがある長野市街地に宿泊することが便利です。長野市街地からは例えば白馬村などに車でアクセスすることができるため(約1時間)、他の観光地と訪ねるに当たっても便利です。

ただ、戸隠の雰囲気を満喫したいなら、神社周辺にある旅館に宿泊することもおすすめします。宿泊できる宿坊もあります。戸隠スキー場の近くにはスキー客の宿泊を見越したペンションやホテルも多数あります。山間地のため夜は静寂が包み、満点の星空を眺められるでしょう。

 

戸隠神社のグルメと言えば蕎麦!

戸隠のグルメと言えば、なんと言っても戸隠蕎麦でしょう。神社周辺には多数の蕎麦屋があり、香り高い戸隠蕎麦を味わえます。どこのお店に行っても、その味や香りの違いに驚くでしょう。

中でも一つオススメを挙げるとすれば、「うずら家」でしょうか。戸隠神社・中社のすぐ近くにあり、中社の駐車場に車を停めれば、お店までは歩いて1分程度です。人気店で、繁忙期のお昼時には行列ができます。

なお、蕎麦屋も神社周辺に点在しているため、車での移動が便利です。無料駐車場を備えているお店が大半なので、駐車場の心配は要りません。バスで行く場合、中社で下車して「うずら家」など中社周辺の蕎麦屋に行くのも一つの手です。

 

戸隠神社周辺も見どころ多数、戸隠の魅力

長野市戸隠には、戸隠山を目当てにした登山客も多数訪れます。標高こそ1900メートルとアルプスには及びませんが、切り立った岩肌の存在感は圧巻で、山頂からは北アルプスなどを一望できます。一部、切り立った岩場もあるため、しっかりした装備で登ってくださいね。

戸隠山に登らなくても、林間にある鏡池など森林を散策するハイカーも多数います。キャンプ場も2箇所あります。

秋は紅葉が山肌を染め、積雪が多い冬期はスノーレジャーも楽しめます。戸隠スキー場はゲレンデの整備技術が高く、初心者や子どもでも楽しめるコースから上級者向けコースまで幅広い世代が遊べるようになっています。

また、スキー場の他に、近年はスノーシューで雪道や凍った鏡池を歩くレジャーを楽しむ人も非常に増えています。スノーシューのレンタルを実施しているお店もあります。

▼参考に

戸隠観光協会(https://togakushi-21.jp/)が戸隠の魅力を発信しているのでぜひご参考に。戸隠ライブカメラもあり、冬期は積雪状況も見られます。

 

戸隠神社 まとめ

戸隠神社は、その荘厳さから佇むだけで何か力をもらえる気がします。長野市街地から約1時間の距離を移動しただけで、そこは異世界。

パワースポットとして知られているのもうなずけますね。神社に参拝したら、ぜひ周辺の魅力にも目を向けてみてください。

-レジャー, 甲信越・北陸, 長野

© 2021 タマミヤゲ