レジャー

シーライフ名古屋は新感覚?営業時間や料金、駐車場やお土産解説!

シーライフ名古屋は、レゴランドの真向かいにあるレゴブロックを取り入れた新感覚の水族館です。館内には海の生き物たちを見て楽しめるのはもちろんのこと、触れたり、勉強したりできる施設が満載です。

ここでは、シーライフ名古屋の概要や駐車場情報、見どころ、おすすめのお土産、人気のバックヤードツアーについても紹介していきます。シーライフ名古屋に行こうと計画を立てている人は、ぜひ参考にしてみてください。

シーライフ名古屋の営業時間と料金

シーライフ名古屋はスコットランド発祥の体験型水族館で、5歳から12歳までの幼児や小学生をターゲットにして作られた構造になっています。

営業時間は11時から17時と開館が少し遅めなので、ショップや昼食を済ませてから利用するのもおすすめです。

レゴブロックは多くの子どもたちから人気があり、海の生き物だけでなくレゴブロックを見られるのは子どもにとって嬉しいポイントです。

入場料金は1DAYチケットが大人1,700円、子ども1,300円です。レゴランドのチケットを持っている人は、受付で提示すると500円割引してもらえるのでお得です。

通常のチケットの他にも、レゴランドとシーライフ名古屋の両方に入場できるコンボチケットというものもあります。ちなみに料金は大人5,600円、子ども4,300円です。シーズンや購入する日によって料金が変動するので、公式ホームページで事前に確認することをおすすめします。

シーライフ名古屋の駐車場について

シーライフ名古屋には、専用の駐車場はありません。周辺には名古屋市営金城ふ頭駐車場やタイムズ金城ふ頭駅前、タイムズファニチャードーム駐車場の3つがあります。

名古屋市営金城ふ頭駐車場は立体駐車場で、5,000台も収容可能な駐車場です。連絡橋でレゴランド方面に繋がっているので、最寄りで一番利用しやすくなっています。

料金は1時間500円、平日1日1,000円、休日1日1,500円になります。フロアごとに精算機も設置されており、トイレも綺麗でたくさんあります。子どものおむつ替え台も用意されているので、子ども連れの人にも使い勝手のいい駐車場です。

タイムズ金城ふ頭駐車場は収容可能台数が11台少なめで、料金も1日最大3,960円となっています。タイムズファニチャードーム駐車場は収容可能台数が572台で、平日は30分550円、休日は30分660円です。

1日最大料金は1,100円で、入出庫可能時間はファニチャードームに合わせて7時から20時半までなので注意が必要です。タイムズはクレジットカードやタイムズカード、チケットなどが利用可能なので現金を使わずに利用できます。

ネットから事前予約することもできるので、確実に駐車したい人やファニチャードームもレゴランドも両方行きたいという人におすすめです。

ちなみに私は、名古屋市営金城ふ頭駐車場を利用しました。台数が多い分、埋まってしまうことも少なく連絡橋やエレベーターがあるのでベビーカーのままでも安心して利用できました。

子どもは連絡橋から降りる際、滑り台で降りられるので喜んで何回も滑っていました。子どもとの利用がほとんどだと思いますので、最寄りで使い勝手のいい名古屋市営金城ふ頭駐車場が私としてはおすすめです!

シーライフ名古屋のバックヤードツアーイベントについて

シーライフ名古屋では、バックヤードツアーという有料参加型のイベントが1日に数回開催されています。シーライフ名古屋の普段係員さんしか入ることのできない裏舞台を覗くことができ、貴重な体験のできる子ども人気のツアーイベントです。

料金は1人500円、受付で事前予約が必要です。シーライフレジャーが約20分間シーライフ名古屋の裏舞台を見ながら解説してくれます。途中えさやり体験もできるので、子どもさんの思い出作りにぜひ参加してみてください。

私はまだ子どもが小さかったので参加しませんでしたが、次行くときは子どもたちと一緒にバックヤードツアーに参加したいなと思っています。

シーライフ名古屋のお土産

シーライフ名古屋には、水族館の出口の外にグッズやお土産物のコーナーがあります。ちなみにこのお土産コーナーだけは、シーライフ名古屋に入場していないお客さんでも無料で入ることができます。

お土産の定番である海の生き物たちのキーホルダーを始め、マグネット可愛いぬいぐるみなど、友達へのお土産にもピッタリです。自分用にバックやランドセルにつけるのもいいですね!

クッキーやラムネなどのお菓子のお土産もあり、入っている缶カンや容器が潜水艦やレゴのロゴ入りで可愛いので食べ終わっても使いまわせておすすめです。ぜひ、お土産や自分用に購入してみてください。

シーライフ名古屋の見どころ

シーライフ名古屋は9つのテーマによって分けられたエリアがあります。「木曽川」や「サンゴ礁の海」、「沈没船」「竜宮城」など、いたるところにレゴブロックで作られた作品が展示されています。

海の生き物たちが生活する水槽の中にもレゴブロックで作られた人や乗り物が設置されているので、見逃さないようにしっかりと楽しみましょう!

船や宝箱など、エリアごとにレゴブロック作品があり、息子が「これとれないの~?」と触りながら興味津々で見ていました。レゴブロックは家にもあり、大好きなので男の子には特に嬉しいスポットかもしれませんね。

館内で一番子どもたちが興奮していたのは、水族館では珍しいエイのショーです!エイの生態や特徴を解説してくれたり、クイズやえさやり体験できたりするので、大声をあげて笑いながら参加していました。

係員さんが時間になると、ショー会場前で声掛けをしてくれるのでぜひ参加してみてください。その他タツノオトシゴの水槽もあり、小さくて可愛らしい姿が印象的です。初めて見るタツノオトシゴに、子どもたちも喜んでいました。

そして、「ロックプール」エリアではヒトデやナマコに触れて楽しむことができます。初めて触る感触に息子は怖がっていましたが、娘は興味津々でたくさん触っていました。これも貴重な体験のできるエリアなので、ぜひ参加してみてください。

シーライフ名古屋は新感覚?営業時間や料金、駐車場やお土産解説! まとめ

ここでは、シーライフ名古屋の概要や駐車場情報、バックヤードツアーの詳細、おすすめのお土産、見どころについて紹介してきました。子どもだけでなく大人でも楽しめる空間となっており、休日どこに行こうか悩んでいる人は、ぜひ足を運んでみてください。

-レジャー

© 2021 タマミヤゲ