レジャー

ヒロセオートキャンプ場の料金や予約方法、ボートや釣りガイド

ヒロセオートキャンプ場は福井県の大飯郡に位置し、すぐ側には海岸があるキャンプ場です。堤防がありますが、ボートをギリギリ下ろせる場所があり、早朝にはマイボートで船釣りをする人たちが沢山います!

そんな、キャンプ&釣りが楽しめるヒロセオートキャンプ場をご紹介します。

ヒロセオートキャンプ場の利用料金は?

ヒロセオートキャンプ場は各区間に1台ずつまで、すぐ近くに車を置くことができる、オートキャンプ場です。もし別の車があっても一台500円で場外の空きスペースに停める事もできます。

基本的には一泊するキャンプサイト1区画につき3500円、日帰りのデイキャンプだと1区画2100円で利用できます。テントや毛布などのレンタルもあり、うっかり忘れてもとりあえず何とかなります!

また、区画によってはAC電源が1000円で借りられるので、予約時に伝えておくと、電源のあるサイトを真ん中にするなどして、複数で一か所になるように工夫して取ってくれます。これがあると、ご飯は炊飯器で...とか、みんなの必需品スマホの充電、冬にはヒーター、夏には扇風機の電源にもなり重宝しますよ。

我が家のキャンプ仲間の場合、4人家族が2家族+個人で3人の計11人のグループで3区画借りました。車は一人余分に別で乗ってきたので、あと500円必要という感じです。ちなみに、場内に停めるなら1000円ですが、正直もったいないですよね。不安な方はこちらが安心かもしれません。

電源も1つ借りて、延長コードを使い、少し遠くまで使えるようにしました。こうするとみんなで使えて便利です。もちろん、もう一か所借りることもできるかと思いますが、電源は最低限にして、基本はアウトドアらしくいきたいですね笑

このプランだと3区画10500円+車1台500円(他3台は区画代に含まれる)+AC電源1か所1000円で合計12000円でした。

ヒロセオートキャンプ場のアクセスと予約方法

ヒロセオートキャンプ場は最寄り駅からも少し離れているので、基本は車での乗り入れになります。途中国道27号からは少し細い道なので、カーナビがある方が安心です。国道の舞鶴高専と高浜発電所の案内表示があるので、そこから海側の道路に入っていきます。

大阪方面からは車で約2時間です。吹田から中国自動車道・広島方面→吉川JCT→舞鶴若狭自動車道・舞鶴方面へ。東舞鶴ICから国道27号を小浜敦賀方面に向かい、舞鶴高専方面から山中へ。

京都方面からも車で約2時間です。京都縦貫道の沓掛→綾部JCT→若狭自動車道に入り、東舞鶴ICからは同じように山中へ。

名古屋方面からは車で約2時間40分です。名古屋→名神高速・大阪方面→米原JCT→北陸自動車道・敦賀金沢方面へ。敦賀IC→舞鶴わかさ自動車道高浜ICを降りて高浜原発方面から山中へ。

山中方面に行くとしばらく山道が続きますが、ちょっと登ったなと思った所でやっとキャンプ場の看板が出てくるので、初めて行った時は途中まで合ってるか不安でした...しっかり予習してから向かいましょう!

(所在地) 福井県大飯郡高浜町山中60-2

キャンプ場の予約については、HPからのネット予約などはありませんので、8時から17時の管理棟の営業時間内にお電話でお問い合わせください。

また営業シーズンが決まっていて、4月上旬から11月下旬までとなっています。詳細はHPで必ず確認して予約しましょう!

ヒロセオートキャンプ場HP→ http://www.eonet.ne.jp/~hirose-o/

キャンプ場だけど釣り場でも有名!船小屋は使えるの?

ヒロセオートキャンプ場はキャンプ場としても人気ですが、はじめにもお伝えしたように、釣り場としても有名なんです。海がすぐ側なので、夏場は水着持参で皆さん来られます。海水浴場ではないのですが、防波堤やテトラポッドもあるので、大きな波はなく穏やかな砂浜で小さい子でも遊べます。

キャンプ場には炊事場やトイレももちろんあり、温水シャワーも完備。海で遊んで汚れても、すっきり洗ってキャンプに戻れます。また山側の浜辺には船小屋があり、予約すれば宿泊も可能です!畳の部屋でゆっくり過ごしたい方にはおすすめです。

料金は6畳が5000円、8畳が6000円ですので、小さいお子さん連れや女性の団体さんが着替えやすいと理由で使われてるようです。私はテントを建てるのが好きなので、オートキャンプ派ですけどね。目の前が海なので、キャンプ場としても珍しい場所だと思います。

人気のようなので、予約はお早めに!

浜辺からボートも出せる!洗い場もあって便利!

さて、釣り場で有名と言っていましたが、どちらかというと砂浜が多く、岩場や桟橋もあるので浜釣やサビキもできるのですが、どちらかというとボートが出せるスポットなのが大きなポイントなんです。

海水浴場は基本エンジン付きのボートは出せず、漁港もほとんど無理なので、マリーナからお金を払って出港すると高いし...となると意外にボートを持っていても出せる場所がなかったりします。

でも、ヒロセオートキャンプ場ではそれもOKな場所で、貸しボートもある船釣りスポットなんです。それもあって、川沿いにある橋の近くには水道がひかれていて、ホースを付けてくれているので、そのまま空いていれば自由に使わせてもらえます。

実は場外の駐車場は釣りだけしに来る人のためでもあるんですね。だから、我が家も駐車だけさせてもらって、ボートを出して沖釣りをすることもあります。かなり重労働ですが、沖に出ると大きな魚も狙えるので楽しいですよ!

きっと釣り人さんはみんな知ってる場所だと思いますが、足を洗ったりもできて便利な洗い場なので、砂浜で遊ぶ子どもたち用にもおすすめです!!

海の側のキャンプ場、ペット連れは大丈夫?

さて、よくキャンプ場情報を調べる方で多いのが「ペット連れはOKなのか」ということで、気になりますよね。海が近いし、砂浜も散歩させたいって思いますが、ちゃんと迷惑がかからないようにできれば、一応OKだそうです。

混雑時はダメかもしれないので、シーズン中でも平日などにゆっくり行ける方は連れていきやすいかもしれませんね。どうしても、春休みや夏休みなどの連休中は家族連れで混雑するので、そういう時は遠慮した方がいいかもしれません。

予約は区画での料金なので、値段は変わりませんが、しっかりワンちゃん猫ちゃんも連れて行く場合は伝えて了承してもらいましょう!もちろん、マナーを守って家族で楽しめたら一番ですね。

ヒロセオートキャンプ場の料金や予約方法、ボートや釣りガイド まとめ

ヒロセオートキャンプ場は、管理棟のスタッフさんもベテランの優しい方が多いので、困った時も安心です。砂浜ではシーグラスも見つけられたりして、釣りやキャンプの他にも色々な楽しみ方を見つけて、自然と触れ合う楽しい時間を過ごしてみてくださいね!

-レジャー

© 2021 タマミヤゲ