レジャー 東京 関東

グランベリーパークを満喫!駐車場やレストラン、映画館や混雑解説

2019年に東京都町田市にオープンした「南町田グランベリーパーク」をご存知でしょうか。どんなお店があるのか、何時まで営業しているのか知りたいと思っていませんか。

グランベリーパークにはアウトレットだけではなく、ミュージアムや映画館など、大人も子どもも一日中楽しめるスポットがたくさんあります。

今回はエリアごとのおすすめスポットやグルメ情報、一番空いている時間帯、そしてペット連れの方に嬉しいポイントなどをご紹介します。

グランベリーパークの営業時間

グランベリーパークの営業時間はエリアや曜日ごとに異なります。気になるお店がどのエリアに入っているのか確認してから行くことをおすすめします。エリアごとの営業時間は以下の通りです。

ギャザリングマーケット

月~木 10:00~20:00

金~日・祝 10:00~21:00

キッズディスカバリー

フードピクニック 10:00~21:00

ステーションコート・セントラルコート

ショッピング・サービス 10:00~20:00

レストラン&カフェ 11:00~22:00

特に気を付けてほしいのは、ギャザリングマーケットの営業時間が平日は1時間短いことです。ここはテイクアウト可能な商品がたくさんあるフードマーケットで、初めて行く人は目移りすること間違いなしのフロアです。ショッピングの最後にここでお土産を買って帰りたいときには、時間に充分余裕を持たせて寄ってくださいね。

 

グランベリーパークの駐車場料金

グランベリーパークの駐車場料金は、平日は初めの2時間無料、休日は初めの1時間無料、以降30分250円です。

グランベリーパーク内でお買い物すると、金額ごとに無料サービスも付きます。2000円以上お買い上げでプラス1時間、10000円以上でプラス2時間、20000円以上でプラス3時間です。

また、映画館を利用すると3時間無料になります。

グランベリーパークで使えるメンバーズカードを持っていれば、さらに駐車サービスを受けることができます。

すべての駐車サービスを組み合わせた時の最大無料時間は、平日が6時間、休日が4時間となっているので、ゆっくりとショッピングを楽しむことができますね。

ちなみに駐車場はAからDまであり、ショッピングに一番便利なのはBとCです。混雑状況に合わせて、駅に近い駐車場Aや映画館側のDに駐車するのもアリですよ!

 

フロアガイドとおすすめのまわり方

今回はフロアガイドと共に、駐車場BかCに駐車した時のおすすめのまわり方をご紹介します。

まずグランベリーパークは「ステーションコート」と「セントラルコート」の2つに分かれています。

セントラルコートの中に「ギャザリングマーケット」、「グリーンリビング」、「キッズディスカバリー」、「モンベルヴィレッジ」、「ヒルサイドヴィラ」、「ワンダーシアター」といった施設が入っています。では順番に巡って行きましょう。

駐車場BとCは「セントラルコート」と呼ばれるグランベリーパークの中心部分にあるので、初めての方には一番おすすめの駐車場です。

まずは2階で降りて、駐車場をぐるりと取り囲んでいるお店たちを覗いてみましょう。ファッション系のアウトレットがメインですが、行列が絶えないタピオカドリンク店のゴンチャや、期間限定でオープンするショップもあるので、いきなり購買欲に火が付きます!

次は1階に降りて、南町田グランベリーパーク駅に直結する「ステーションコート」へ行きましょう。コーヒーショップやパン屋さんから漂ってくるいい香りに、思わず足を止めてしまいます。雑貨屋さんも多く、電車やバス待ちの時間にふらっと寄れそうな雰囲気も素敵です。

駅側から再びセントラルコートへ向かうと、かわいいスヌーピーオブジェが迎えてくれるのもたまりません。ここが最寄り駅だったら毎日幸せな気持ちになれそう…。

セントラルコートに出て左向きに進んだところにある「グリーンリビング」は、女性にすごくおすすめのスポットです。

その名の通りグリーンがフロア全体を埋め尽くしていて、入っただけでとても癒されます。ここはカフェからインテリアショップ、書店まで色んなお店が入っています。

商品もナチュラルテイストで質の高いものを取り揃えていて、自然派の方は必見です!

その隣にある建物「キッズディスカバリー」は、お子さま連れの方が楽しめるスポットになっています。

1階はフードピクニックという名前のフードコートがメインです。たこ焼き、うどん、ハンバーグなど、子どもでも食べられるメニューが多い印象です。

2階にはファンビレッジという有料で遊べる施設があります。子どもは30分700円からですが、室内なので公園で遊べない雨の日でも思い切り楽しめるのがとてもいいですね。

続いて「モンベルヴィレッジ」には、国内最大級のモンベルの店舗があります。

ここで何より目を引くのは、建物を超えるくらいの高さのクライミング用の岩!!遠くからでもクライミングの様子がよく見えます。隣接された池ではカヤック体験もできるそう!こんな本格的なアウトドア体験がショッピングモールでできるなんて、買い物に疲れてしまった子どもたちも大喜びでしょう。もちろん大人も。(笑)

広い敷地内をぐるぐる歩き回ったらそろそろお腹が空いてきましたよね。

そんな時は、セントラルコートの1階「ギャザリングマーケット」で腹ごなしができます。成城石井やテイクアウトもできるインスタ映えフードがたくさんあり、さながらデパ地下のような賑わいです。

イートインスペースもあるので、テイクアウトした商品をここで食べることもできます。

また、グランベリーパークではあちこちにベンチが設置されているので、外のベンチで景色を楽しみながら休憩するのもおすすめですよ。

次はアウトドア用品のお店スノーピークなどが並ぶ「ヒルサイドヴィラ」を抜けて、「ワンダーシアター」の裏にあるスヌーピーミュージアムへ!ここはアメリカ・カリフォルニア州にあるシュルツ美術館の、世界唯一の公式サテライトなんです。

「世界唯一なのになんでこんな奥まったところにあるの?」と思うかもしれません。

私も初めて来たときは少し迷ってしまいました…(汗)

でも実は、本家シュルツ美術館のある自然豊かな郊外の雰囲気に近づかせるため、グランベリーパークでも特に鶴間公園に近いこの場所にオープンしたのです。

自然溢れる空間と、スヌーピーと仲間たちから癒される素敵な時間をぜひ体験してください。美術館に入らなくても、敷地内にはスヌーピーオブジェがたくさんあるので、ファンの方にはぜひ足を運んで欲しいスポットです。

美術館でスヌーピーたちがキャンプやピクニックを楽しんでいる様子を見たら、自分たちもやってみたくなりますよね。

お隣の鶴間公園には広~い芝生があり、季節の移り変わりを楽しめる木々もたくさんあるので、プチピクニックにもってこいです!ペット連れの方も周りの目を気にすることなくのんびりとペットとの時間を過ごすことができます。時間のある方はぜひ鶴間公園にも足を延ばしてみてくださいね。

…と、こんな感じでまわると、ちょうどグランベリーパークを一周することができます!

これであなたもグランベリーパークの予習はバッチリです。

大人や子どもやペット連れなど、その日の予定や気分に合わせてまわり方を変えて、ショッピングを楽しみましょう。

 

グランベリーパーク内レストランのおすすめグルメ

グランベリーパークに行ったらぜひ食べてほしいおすすめグルメを3つ紹介します!

まずはキッズディスカバリーエリアにある「ケンタッキーフライドチキン」です。

「え、そんなのどこにでもあるじゃん…。」そう思いましたよね?

いえいえ、ここには知る人ぞ知るケンタッキーの食べ放題があるんです!

しかも関東では初なので、連日行列が絶えない大人気ぶり。ビュッフェが始まるのは11時からですが、整理券が発券される10時の時点で並んでいることもしばしば…。

確実に食べたいという方は、朝イチで整理券をゲットすることをおすすめします。

もう一つおすすめしたいのが、「ひつじのショーンカフェ」です。

ワンダーシアターの1階にあるここでは、アニメのキャラクターをモチーフとしたメニューを楽しめます。食べるのがもったいないほどのクオリティの高いメニューと、まるでアニメの世界に飛び込んだかのようなお店の世界観に思わず童心に帰ってしまう素敵なお店です。

最後に、女性にぜひおすすめしたいのが、イタリアンレストラン「ファーマーズキッチン」です。

グリーンリビング1階にあるお店は、植物に囲まれた店内でいただく農園野菜ビュッフェが特に人気です。爽やかな空間で食べる新鮮野菜とイタリアンは、身も心もハッピーにしてくれること間違いなしです!

 

一番混雑していないのは平日16時以降!

グランベリーパークが一番空いているのは、平日の16時以降です。

この時間ならレストランやカフェも比較的スムーズに入れます。

また屋外のアウトレットなので、雨の日は若干人が少ないように感じます。

実際は店舗には広めの軒先が付いていて、それぞれのエリアをつなぐ連絡通路にも屋根があるので、そこまで不便に感じません。

雨の降っている平日夕方は特に狙い目ですよ!

でも家族で出かけようと思うと休日や祝日が多いですよね。そんな時は、なるべく早めにランチを食べて、レストランが一番混雑している時間にショッピングすれば、混雑の不快感を減らすことができます。

また帰りの時間にも要注意です。

休日16時以降は出庫混雑がピークになり、駐車場を出るだけで数時間かかってしまうこともあります。急ぎの用事がなければ、夜までゆっくりグランベリーパークで過ごして帰りましょう!

 

映画館への行き方

車でお越しの方は、映画館に一番近い駐車場Dに停めましょう。

映画館の入り口は「ワンダーシアター」2階にあるので、そのままエレベーターを降りればすぐ目の前です。

映画のチケットを購入すると駐車サービスが3時間付くので、映画が始まるまでの待ち時間もゆっくり過ごせます。

グランベリーパークの映画館「109シネマ」では、4DXのスクリーンやIMAXレーザーシステムを備えたスクリーンも設置されています。スクリーンや座席数が多く、見たい時にパッと予約できるのも魅力です。

最先端の映画体験をぜひ楽しんでください。

 

ペット連れにもやさしい!

グランベリーパークは大きな鶴間公園が隣接しているため、ペット連れの方もたくさん訪れます。ペットと一緒でも快適にショッピングが楽しめるように、随所に様々な工夫がされています。

駐車場BとCには、ペット同伴可能なエレベーターが1つずつ設置されています。そのうちCのエレベーターはリードだけでもOKです。

グランベリーパークの1階店舗外もリードOKです。地面は滑り止め加工がされているので、雨の日の散歩でも安心です。ワンちゃんにとっては普通のコンクリートでも滑りやすいので、細かい配慮がありがたいですね。

2階部分はリードNGになっているので、バッグかカートに乗せて顔が出ないようにしておきましょう。

店舗内にペット入店可能かどうかは、それぞれの店頭のステッカーにイラストと共に表示されています。同伴不可なのか、バッグかカートに入れればOKなのか、よく見て確認してくださいね。

そしてペット連れにとっても嬉しいポイントが、ペット専用のトイレ設備があることです。

おしっこを流せるトイレ、ウンチボックス、足洗い用シャワーがセットになったトイレが、パーク内に3か所も用意してあります。

設置されているのは、駅近くのグランベリープラザ東側とグリーンリビング西側、そして鶴間公園近くのペットショップ「ドッグ&キャットジョーカー」前です。

これがあれば、泥まみれになるのも気にせずに公園で思い切り走り回れますね。

 

グランベリーパークを満喫!駐車場やレストラン、映画館や混雑解説 まとめ

大人も子どももペット連れの方も、みんなが楽しめる複合型ショッピングモール「南町田グランベリーパーク」についてご紹介しました。

目的やメンバーに合わせて、今回ご紹介した情報を参考にして楽しくショッピングしてもらえたらと思います。

-レジャー, 東京, 関東

© 2021 タマミヤゲ