レジャー 栃木 関東

日光江戸村の割引料金や忍者ショー、コスプレや滞在時間ガイド

栃木県日光市にある、EDOWONDERLAND日光江戸村をご存じですか?

江戸の城下町を再現したテーマパークで、時代劇の撮影でもよく使用されている施設です。

どんなところ?何があるの?どんなことができるの?何をして遊べるの?など、謎に包まれたところがたくさんあるかと思います。

この記事では、日光江戸村の料金、滞在時間、遊び方など、日光江戸村の全貌についてご紹介します!

 

日光江戸村の料金、割引はある?

日光江戸村の通常入場料金は大人4800円、子供2500円です。午後14時以降(冬期は13時以降)ですと、大人4100円、子供2100円で入場できます。日光江戸村のHPにアクセスすると、10%割引券を発券することができます。また、セブンイレブンの前売り券で大人4230円、子供2160円で購入することもできます!その他、クーポンサイト等でも前売り券の販売がありますので、直接日光江戸村に行く前に、前売り券を購入することをおススメします!

 

日光江戸村の平均滞在時間

日光江戸村の開園時間は夏期は9時~17時、冬期は9時30分~16時となっています。江戸城下町の見物だけでしたら2時間もあれば回りきれる広さです。しかし日光江戸村は次項目でもお伝えしますが、体験や観劇など遊べるコンテンツが目白押し!せっかく行くのなら、見た目もお腹も気持ちも江戸に染まってほしい!という事で、朝一番から入場して丸一日日光江戸村にどっぷり浸かってみることをおススメします(笑)最終入園時間は、閉園1時間前になります。

 

江戸村といえば!忍者ショー!

日光江戸村といえば!やはり人気の忍者ショーです!忍者からす御殿というエリアで行われるショーで、上演時間は約20分。台詞はほぼありませんが、物語性のある迫力のアクションショーで、大人も子供も楽しむことができます。江戸村にきたなら必見のショーです!1日に3~4公演ほど行われているので、是非行程プランにいれてみてください。

 

コスプレができる!?江戸村の住人になって街を歩こう!

日光江戸村に来たのなら、着物を着て歩きたいと思う方も多いのではないでしょうか?でも、わざわざ家から着ていくのもめんどくさいですよね。そんなあなたにおすすめなのが、変身体験!江戸の住人になりきって、町を散策できるんです!

しかもメニューは豊富!男性ですと、侍、町人、浪人、岡引、新選組、殿様、農民など、全10種類から、女性は町娘、姫様、女剣士、大奥、農民、なんと花魁まで(花魁は事前予約制)全13種類から選ぶことができます。もちろんお子様メニューもあり、忍者、殿様、お姫様、侍など9種類から選ぶことができます。お子様メニューは小学6年生までです。レンタル料金は、3500円~30000円まで衣裳の種類によって様々。是非ご家族で、カップルで、本格的なコスプレ体験で江戸の町を満喫してみてはいかがでしょうか?

 

日光江戸村へのアクセス

日光江戸村へは、車の場合ですと東京からは約2時間半。今市ICから一般道を約20分ほど走ると到着します。電車は、浅草駅から東武鬼怒川線で鬼怒川温泉駅まで。新宿や池袋、大宮からですと特急のきぬがわ号、スペーシアきぬがわ号で鬼怒川温泉駅まで直通で行くことができます。鬼怒川温泉駅からは、タクシーで約10分路線バスでは約15分ほどで到着します。

 

日光江戸村のその他施設など

前項でお伝えした以外にも、日光江戸村には様々な楽しみ方があります!

まず、観劇。江戸村ではお客様も参加できる花魁のショーや、江戸のマジック水芸のショーを見ることができます。また屋外でも、突然忍者があらわれたり、侍が斬りあいを始めたりとハプニングがいっぱい(笑)運がよければ、花魁道中を見ることもできます!

そして、体験!忍者の修行を本格的に体験できたり、侍の剣術を学んだり、お三味線の稽古をつけてもらったり、自分でおせんべいを焼ける体験など、江戸情緒あふれる様々な体験をすることができます。忍者のからくり屋敷は、なかなか脱出できないので是非チャレンジしていただきたいです!

お腹が空いたら、江戸の食文化を体験してみてください。伝統的な蕎麦や焼き鳥、大きなお団子など、食欲をそそる食べ物が目白押しです!

 

日光江戸村 まとめ

いかがでしたでしょうか?日光江戸村は、大人も子供も楽しめる、身も心も江戸文化に触れられる本格的な時代テーマパークです。東京からもほど近く、行く度に新たな発見ができると思うので、まるでタイムスリップしたかのような江戸空間で自分なりの遊び方を模索してみてはいかがでしょうか?

-レジャー, 栃木, 関東

© 2021 タマミヤゲ