レジャー

びわ湖大花火大会の観覧席や日程、穴場スポットやホテルからの鑑賞ガイド

滋賀県の花火大会の中で一番有名なのが、びわ湖大花火大会ではないでしょうか?びわ湖花火大会は、日本一の湖である琵琶湖に打ち上げられる10000発の花火が湖上の空に大きく打ち上がり、クライマックスの水中スターマインなどが見ものです!各地から毎年沢山の来場者で賑わう、人気のびわ湖大花火大会の会場へのアクセスやオススメの観覧プランなどをご紹介いたします。

花火大会の開催日程、場所、メイン会場へのアクセス

毎年びわ湖大花火大会は8月8日前後に開催されています。イベントなどで開催が難しい時は日をずらして開催されることもありましたが、たいてい台風などが来なければ決行されてきました。

開催地は滋賀県大津市の中央にあたる場所で、京阪浜大津駅からすぐにある大津港沖の琵琶湖上で3ヶ所から打ち上げられます。琵琶湖自体とても広いですが、花火もとても大きいので、会場の反対側の琵琶湖岸からも綺麗に見ることができます。

メイン会場なるのは、「大津港」から湖岸にある「なぎさ公園まつり広場」にかけてで、一番大きく目の前で花火を見ることができる場所です。ここに有料観覧席が設置され、大津港の近辺にある浜大津アーカス内のレストランや琵琶湖ホテルに宿泊することで、室内で涼しく花火を楽しめるプランもあります。

県内外各地から来場される方も多く、毎年約35万人もの人で賑わうほどなので、車での当日のアクセスについては駐車場がかなり激戦区になってしまいます...いずれにしても混雑しますが、間近で見たい方は公共の交通機関を利用するのがベストかと思います。

京都大阪方面からは、直接京阪電鉄にて「びわ湖浜大津」駅から徒歩5分で大津港まで行くことができます。JRご利用の場合は、JR大津駅または膳所駅から徒歩15分です。少し離れていますが、琵琶湖に向かってまっすぐ歩いて行けば、花火の見える場所までたどり着けるのでわかりやすいかと思います。

京阪電鉄は車両数も少なく混雑する場合もあるので、早めの時間から皆さん大津市内に来られて、散策しながら待っている方も多いかと思います。平日の帰宅ラッシュに重なると行くだけで大変ですが、仕事帰りに立ち寄られる方も多いので、この日ばかりはすごい人だかりです。

交通規制もかかるので、車で行かれる方はよく調べて、時間など確認の上向かいましょう!

びわ湖大花火大会の有料観覧席の予約情報

びわ湖大花火大会は毎年開催されますが、開催予定日が決まった頃から近隣の琵琶湖ホテルや大津プリンスホテルなどのレイクビュー立地の場所は早めに予約される方も多いので、直接いつから予約可能なのかを確認した方がよいかもしれませんね。

でも、もっとお手軽に花火の音と光を楽しみたい!でも場所も確保したい方は、毎年有料観覧席が設けられているので、予約さえできればパイプ椅子にはなりますが、ゆっくり座りながら、真正面で大きな花火を見ることができるのです!

ただ、沢山の席を確保する為、みっちり埋めて椅子が並んでいるので、お手洗いに行く時は「すみません...」と言いながら、いざ戻るのも大変だった経験があります...いい席を確保できると見易くて動きやすいので、何とかいいチケットを確保したいところです。

有料観覧席にも色々種類があり、2020年の場合はプレミアS席(1列目) 8,000円、プレミアA席(2列目) 6,500円とお高いですが、前売りのみ販売のチケットがあるようです。普通席は4,000円(当日:4,500円)で、こちらがぎゅうぎゅうに敷き詰めたちょっと後ろ側の席です。正直こちらでも、花火は上に上がるので充分観覧することができますよ。

他にも桟敷席(6名枡) 33,000円、(2名枡) 16,000円、カップル席 / 16,000円も人気です。ゆったり過ごせるのはこちらの席ですが、前売りのみなので早めの確保が必須です!家族でゆっくり、デートにということなら、前売り券を早めに買いましょう!

びわ湖ホールの側の湖岸ゾーンは2,000円で当日券も2500円であるので、当日の場所とりが厳しい時は、この辺りをチェックするのもいいかもしれません。

公式のチケット販売は、大津駅・石山駅・堅田駅観光案内所・京都新聞文化センター(京都市)チケットセンター・チケットピア・ローソンチケット・セブンチケット・イープラスなどがあるので、いつ頃から販売されるかなど2ヶ月前くらいに問い合わせしてみるといいかと思います!

詳しくはびわ湖大花火大会の公式ホームページをチェックしておきましょう。ホームページからのチケット予約は先行予約の抽選などもあるので要チェックです!

公式HPはこちら→ https://www.biwako-visitors.jp/hanabi/

近隣ホテルからリッチに花火鑑賞も、花火プランの予約はできる?

さて、気になるレイクビューのホテルからの花火は、どんな景色なのでしょうか?私もリッチプランではまだ見たことがありませんが、地上は本当に人だかりで大変なので、毎年ホテルの窓から観てる人たちを羨ましく思っていました(笑)

先程は有料観覧席をご紹介しましたが、近隣のホテルといえば、琵琶湖ホテル、大津プリンスホテルが有名で、他にもレストランや湖上から見る船からの花火プランなど、リッチなプランは各地で様々です。

毎年予約激戦区ですが、花火が見えるスポットとして、花火大会会場側である琵琶湖の西側に目が行きますが、琵琶湖の東側にあるびわこの千松という旅館でも、対岸からの程よいサイズの花火を観ることができます。

2020年は中止になってしまったびわ湖大花火大会ですが、花火鑑賞プランなどは半年以上前から既に埋まっている事もあるので、とにかく早めに問い合わせをしてみましょう。

ちょっと離れても大きな花火!!少し離れた花火の穴場スポット

先程ご紹介した千松さんも穴場なのですが、自由席はないのかといえば、もちろんフリースペースもあるので、そこは場所取り必須地帯となってきます。有料観覧席と同じくらい近い場所で、琵琶湖岸にもフリースペースがあるで、取ることができれば一番なのですが、本当にすごい人で、いざ終わると帰るのが大変...

特にお子様連れになってくると、迷子も心配ですよね...それでも親子連れさんも沢山来場しています。我が子はもうこりごりだと言って、実は自宅からも見える為、小さな花火と遅れてくる花火の音で楽しんでいます。

でも言い方を変えれば、少し高いところに登れば、大きな花火は意外にいろんなところから見ることができるのです。そこで穴場の花火が見えるスポットをご紹介いたします。

皇子山運動公園・皇子山陸上競技場

実は陸上競技場の観覧席が開放されているので、意外にゆっくり見ることができます。もしかしたら、混雑してくるようになったら閉鎖されてしまうかもしれませんが、今のところ市民の憩いの場でもある公園なので、駐車場も停められるかと思います。

京阪電車皇子山駅からは歩いてすぐなので、人混みは無理!という方は、花火は上の半分しか見えませんが一度チェックしてみてくださいね。

もう少し歩く元気がある方は、湖西バイパスの通る更に山の方に上がった公園までいけば、かなり高台なので綺麗に見えそうです!ただ、まだ当日に行ったことがないので、地元の方がいっぱいかもしれません。

大津歴史博物館

大津市役所のお隣くらいにある場所なのですが、博物館自体は17:00頃には閉館してしまうのですが、さらに高台に建てられているので、その近辺なら綺麗に見える場所もあります。近くに三井寺もあるので、拝観した帰り道にご飯を食べてついでに花火が見えたらラッキーかもしれません。

ただ、この日の観光は本当に帰りが大変なのですが...

フォレオ大津一里山

住宅地にあるので、地元の方の観覧場所かもしれませんが、ひそかに当日屋上の駐車場が開放されるのでオススメです。でも、位置も位置なので、花火は小さいです。本当に見るところがなくて困ってしまったら、お買い物がてら行かれてみてはいかがでしょうか?

HPでも紹介しています→ https://www.foleo.jp/otsu/s/

滋賀県のオススメ花火大会

琵琶湖は大きいので、滋賀県各地の琵琶湖沿いや川沿いで花火大会が沢山開催されます。そこで滋賀県の他にもある人気の花火大会をご紹介いたします。

長浜・北びわ湖花火大会

長浜市、長浜港湾一帯で開催されます。びわ湖大花火大会と同じ1万発の花火が夜空を彩ります。周りにも大きな建物があまりないので、圧巻の花火を鑑賞できます。

おごと温泉納涼花火大会

JR湖西線「おごと温泉駅」からすぐ琵琶湖岸で1200発と少ないですが、旅館やホテルが多い場所なので、宿泊されている方がおおきかもしれませんが、タイミングが合えば湖西線に乗りながら見える花火です。

建部退社・船幸祭

日本三代名橋の一つ、瀬田の唐橋が人でいっぱいになるのですが、この日はお店も沢山出しているので、お祭り気分いっぱいです。建部退社からの御神輿が船に乗せられて瀬田川を行き来し、帰ってくるまでも見どころです。この締めのイベントとして1000発の花火が上がります。最後大きな花火はがとても綺麗ですよ。

びわ湖大花火大会の観覧席や日程、穴場スポットやホテルからの鑑賞ガイド まとめ

びわ湖大花火大会やその他の花火大会もご紹介いたしましたが、実はもっと色々開催されていて、大津プリンスホテルの港から出るミシガンクルーズのプランでは花火付きのクルーズもあり、寒い時期でも花火を見れたりします。

滋賀県は本当に素敵なところなので、花火大会の他にも見どころもいっぱいです!花火大会にお越しの際は、色々なスポットもチェックしてみてくださいね。

-レジャー

© 2021 タマミヤゲ