レジャー

アクア琵琶の雨体験室がスゴイ!【世界最大級の雨を体験しよう】

滋賀県と言えば「琵琶湖」、そして日本で一番大きな湖であり、滋賀県だけでなく、京都、大阪の人たちの大切な水瓶の役目を果たしています。そんな琵琶湖の水位を調節している洗堰について紹介した、水のめぐみ館アクア琵琶についてご紹介します。

世界最大級の雨を体験!水のめぐみ館アクア琵琶の雨たいけん室

アクア琵琶の入り口に入るまでに、まず最初に目に飛び込んでくるのが、「雨たいけん室」です!地元のお子さんたちはボタンを押すだけで無料で体験できるので、夏の暑い日には普通に学校帰りに遊びに行く子もいました。

そんな手軽に体験できる雨ですが、実は4種類もの雨が体験できるんです!1時間に5ミリの「しとしと雨」から、日本最大級の雨量に匹敵する、1時間に600ミリの「バケツをひっくり返したような雨」まで、だんだん強い雨に変化していきます。

びしょ濡れにならない?と心配されるかもしれませんが、傘、カッパ、長靴が大人用も子供用もそれぞれ用意されているので、手ぶらでも大丈夫です!カッパはアクア琵琶のシンボルキャラクター「ビワズくん」と「アクアちゃん」になれる可愛いデザインなので、ぜひ可愛い姿で雨体験の写真も撮影してみてくださいね。

9時〜17時までのアクア琵琶の開館時間は、常時ボタン一つでスタートするので、是非体験してみてください。ちなみに、カッパはだいぶ古いかもしれないので、雨漏り注意かも...タオル持参でお願いします!

駐車場はあるけど無料?気になる入場料は?

アクア琵琶の案内表示は大きく出ていますが、実は隣にも大きな駐車場があり、少し紛らわしいかもしれません。お隣は、道路の向かいにある南郷水産センターの有料駐車場になっていて、普通車は500円かかってしまいます。もし、アクア琵琶にだけ行きたい!という方は、アクア琵琶の敷地内にも小さな駐車場はあるので、こちらに停めれば無料です。

そして、アクア琵琶館内の見学も無料なんです。年に数回イベントが開催されるので、混雑時は南郷水産センター駐車場を利用するように案内されますが、平日にふらっとドライブやツーリングの休憩で立ち寄るなら、無料の方に余裕で駐車できると思います。

館内は受付に案内の方がいたり、いなかったり...昔は案内をされるお姉さんがいたのですが、今は少し変わったようです。でも、展示されている資料はとても面白く、無料で見学できるのはとてもありがたいです!

1階は洗堰の模型やちょっと琵琶湖の魚を飼育されている水槽、砂防に関する資料が展示されています。2階には、クイズ形式で琵琶湖や洗堰のことを知ることができるコーナーや、大きなタッチパネル式の治水、利水に関して学べるゲームもあり、小学生の琵琶湖に関する授業にも対応できる内容になっているようです。もちろん、大人の私も食いついてしまう内容です!

普段は当たり前のように使っている水道水の「水」ですが、どこの地域でも水源があって、それを利用するために色々な工夫をしているはずですよね。そういう意味では、琵琶湖だけでなく、各地から来られる方にも知ってほしいなと思う内容なので、是非ゆっくり見てほしい施設です。

水のめぐみ館アクア琵琶の近くの建物は何?滋賀県南郷水産センター

先程も駐車場の事でお話していましたが、道路の向かいには、国土交通省の近畿地方整備局琵琶湖河川事務所があり、その隣に滋賀県南郷水産センターがあります。ここは、HPで調べてみると、『さかなとあそべるパラダイス』と書いています!かなり気になりませんか?

私も近くに引っ越してくるまでは知らなかったのですが、この辺りではみんなが知っている遊び場らしく、夏はプールもあり、広い駐車場もしっかり埋まるくらい大盛況なんです。また、魚...パラダイスというだけあって、魚釣やつかみ取りのコーナーもあり、淡水魚の展示も少しだけあります。いまいち何がメインかは謎ですが、アユのつかみ取りは夏限定なのでおすすめです!

他にも季節に合わせて、マス釣り、フナ釣り、コイ釣りなどもあります。ザリガニ釣りや金魚すくいなど、小さいお子さんで楽しめる釣りコーナーもあるので、生き物OKなご家庭ならすごく楽しめるのではないでしょうか?基本的にはフナ、コイは釣ったら返すで、一日中遊ぶこともできますね!

また、取った魚は食べることもできます。アユは300円でつかんで、炭代としてさらに100円払うと、ベテランの従業員の方がささっと捌いて、じっくり焼いて...なかなか本格的なアユの塩焼きは食べたことがない方も多いのでは?入り口にもお店があり、ひそかにそこのオムライスが美味しくて、私はそれだけ食べに行くこともあります!

季節によって釣れる魚が変わるので、詳しくはHPをチェックしてみてくださいね!→ http://www.suisan-center.com/

洗堰の放流量はどこでわかるの?南郷洗堰の紹介

「洗堰」と何度かでてきますが、皆さん「洗堰」って何かご存知ですか?辞書などで調べると、「水流を横切って、川幅いっぱいに石を詰めて造る堰。川の流れを変え、または水位や水量を調節する目的のものと、灌漑給水の取入れ口に構築するものとがあった。」と書かれています。

アクア琵琶で紹介もしている、瀬田川に作られた洗堰は、瀬田川の川幅いっぱいに作られた、10箇所のゲートのある電動制御の堰になります。昭和36年に建設されてから、現在もずっと琵琶湖の水位を調節する役目を果たしています。ちなみに地元では地名からも親しまれている南郷洗堰と呼ばれていますが、現在の新しくなった洗堰は「瀬田川洗堰」と呼ばれているようです。

では、普段はこの洗堰でどのくらいの水が放流されているのか、気になる方もいるようですが、実はアクア琵琶に入ったエントランスの洗堰模型の所に電光掲示板があり、琵琶湖の水位と放流量がわかるようになっています。また、HPや瀬田川大橋の下、向かいの地方整備局にある電光掲示板でもわかるようになっています。

全開放流をする時は上流、下流とも流れが早く危険なので、地域の皆さんに常に共有できるようにしているんですね!アクア琵琶では、琵琶湖の治水や利水についてわかりやすく紹介しているので、興味のえある方や、夏休みの新聞作成などの宿題でのネタとしてもオススメですよ!

滋賀県にあるオススメ資料館

アクア琵琶の他にも、滋賀県には県や市の運営している手軽に見学できる資料館が沢山ありますので、いくつかご紹介します。

大津市科学館

〒520-0814 滋賀県大津市本丸町6番50号

開館時間 9時30分〜16時(入館は3時45分まで)

休館日 月曜日(祝休日の場合は営業、翌平日休館)、毎月第3日曜日、年末年始(12/29〜1/3)

観覧料 大人・小学生・中学生・高校生 100円

幼児  無料 (幼児の入場は、必ず保護者同伴でお願いします。)

2階、3階が化学館になっていて、100円で大人から子供まで気軽に観覧することができるのがいいですね。身の回りの自然や科学の不思議が沢山あり、目で見て、触って、色々な体験を通じて、認識することができます。

また、プラネタリウムもあり、月によって季節の星空も変わる為、色々なイベントやオリジナルの上演会があり、アニメーションで楽しく星について学ぶことができます。我が家はドラえもんが好きなので、ドラえもんの会がある時を狙ってよく見に行きます。プラネタリウムは別料金ですが、大人400円、小学生・中学生・高校生200円、幼児は無料(幼児の入場は、必ず保護者同伴)なので、こちらもリーズナブル。

毎回スケジュールが変わるので、HPは要チェックです

→ http://www.otsu.ed.jp/kagaku/01_guidance/index.html#kanranryou

大津歴史博物館

滋賀県大津市御陵町2番2号

TEL077-521-2100

開館時間 9時~17時(入場は16時30分まで)

ミュージアムショップは9時30分~17時(2020年4月1日から)

休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は開館し、翌日が休館)

祝日の翌日(土・日曜日の場合は開館)、年末年始(12月27日~1月5日)

歴女なら是非行って欲しい大津歴史博物館。と言っても、メインは滋賀県近江の歴史に関わる資料などの展示なので、マニアックな面もあるかもしれませんが、滋賀県は三井寺や石山寺などの有名な観光地であり、紫式部など有名な人物のゆかりの地なども多く、時間があればお立ち寄りいただきたいスポットです。

またミュージアムショップでは、大津絵の葉書や手ぬぐいなども販売されているので、滋賀県のお土産としてもオススメです。レストランなどもあるので、近くにある三井寺などの散策と一緒にぜひお立ち寄りください!

お子様向けにはやっぱりアクア琵琶と南郷水産センターが一気に遊べてオススメですが、大津科学館も本当に楽しく色々なことが学べます!お時間があれば、滋賀県のちょっとオリジナルのスポットとして、ぜひ遊びにいってみてくださいね。

-レジャー

© 2021 タマミヤゲ